カンパリオレンジを飲み干せ

めざせ1日1エントリ

ストーリーが読めない

今日の挨拶と本文

こんにちは、べにぃです。
今日もアクセスありがとうございます。

みなさん、小説などは読みますか。
私も10代の頃はたくさんお話の本や小説を読んでいました。

小学生の頃ははやみねかおる夢水清志郎シリーズ、かいけつゾロリ
夢水清志郎みたいに体からカビが生えるまで自分の興味のあることを知ろうとする気持ちがあればなあと思ってました。

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

新品価格
¥670から
(2018/7/13 23:19時点)

中学生の頃はラノベに手を出して、キノの旅とかブギーポップとかを読んでいました。
あと乙一がとても好きでした。

小生物語 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥535から
(2018/7/13 23:23時点)


個人的に印象的に残っているのは水口敬文先生が書いた憐というシリーズで、わからないことは何もない未来から島流しで現代にやってきた転校生のヒロインが主人公と交流するみたいな話です。


高校生の頃は伊坂幸太郎とか村上春樹とか三浦しをんとかを読んでいました。
伊坂幸太郎は死神の精度がめざましテレビのブックランキングで紹介されていたのを見て読んだらハマってしまいました。
短編連作だけどよく読んだら繋がってて最後に伏線がぴしっとまとまる感動と爽快感が忘れられないのです。

死神の精度 (文春文庫)

新品価格
¥702から
(2018/7/13 23:24時点)


村上春樹海辺のカフカを読みました。
冒険の途中で出てくる図書館のお兄さんがとても好きでした。

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

新品価格
¥767から
(2018/7/14 20:56時点)

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

新品価格
¥810から
(2018/7/14 20:57時点)


三浦しをんはエッセイがべらぼうに面白くて、電車の中で笑いがこらえられないし本を閉じても思い出し笑いが治らない話もあったりして、文章で人を笑わせられるってすごいなあと感心しました。

乙女なげやり (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2018/7/13 23:25時点)

大学の頃に読んで印象に残ったのは「みなさん、さようなら」でした。
団地の中から一歩も出ずに暮らす主人公の一人称で明らかになっていく物語の全容と主人公の成長の書き方がとても巧みで読後の満足感が高かった。

みなさん、さようなら (幻冬舎文庫)

新品価格
¥782から
(2018/7/13 23:26時点)


あとは真夜中のパン屋さん、コンビニたそがれ堂のポプラ文庫シリーズの作品を読みました。

真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)

新品価格
¥670から
(2018/7/13 23:29時点)


まよパンはドラマも結構面白くて、未だにジャニーズWESTの桐山くんを見ると「あ、パン屋の人!」と結びつけるぐらい好き。


これ以来、全然小説は読んでません。
20歳を過ぎてからだんだんと物語を読むのが辛くなってきたのです。
はじめは活字を読むのがきついのかと思いました。
でも、物語ではない文章というか、新書だとかレポートだとかエッセイだとかはまだ読めるんです。
10代の頃は読めなかったのに。
斉藤孝の書く力、読む力だとか、池上彰のやさしめのニュースの本とか、あと北大路公子さんのエッセイしか読んでいない…。

今書いてる文章もなんかすごい斉藤孝の教養力を説く本の文章みたいになっている気がする…文章が敬体だからでしょうか…。

これには地味に凹みます。
この変化の正体ってなに。
読解力の低下とか読書体力の低下とか読解力の低下とかとどのつまり脳の老化とかしか思いつかなくてつらい。

なにがきついってソシャゲのストーリーすら読めないのです。
漫画も全然読めなくなった。
がんばって読もうとしても途中で「う〜ん…はやくクエストやりたいんじゃ……」という気持ちが勝ってスキップボタンばかり押してしまう…。
いつも言ってるけどこんな楽しみ方したらガチのファンに後ろから刺されそう…と後ろめたい気持ちでいっぱいになってしまうのです。
漫画も興味を持って買うはいいけどそこからビニールの包装を取らないまま何年も放っておいて結局売っちゃったのとか結構あるのです。

10代の頃の物語を読むのが楽しかった私はどこに行ったんや。
本を読むと自分の知らない世界にいけるみたいでいいよね〜とか言っていた私はいずこ。
正直難しいアニメの設定もきつい…これが脳の老化だとしたら精一杯抗いたい…。


私が物語を読むことで得ていたのは、非日常感と登場人物への憧れだとする。
自分が体験することは到底不可能であろう世界観を体験したり、こんな人間になりたいとキャラクターを人生のロールモデルにしていた部分もあるかもしれない。

物語を読まなくなったのは、
  1)これらが必要ではなくなった
  2)物語を読むという手段でこれらを得ることができなくなった
という2つの可能性が考えられる。

ここまで考えたけどもうだめだ……(IQの低下 )……
可能性が考えられてそれでなんなんだ…

もう少し考えます…とりあえずバナナフィッシュ見ます……
バナナフィッシュはいいぞ…今アニメもやっているのでTwitterに出てくるおすすめおばさんみたいにおすすめしちゃうけどぜひ読んでほしいのでリンク貼ります……よろしくおねがいします……。
深く語ると大変なことになるので詳しくは言えませんが…かっこいいんだ…すごくな…なのでたのみます……。

第一話 バナナ・フィッシュにうってつけの日

BANANA FISH 復刻版BOX vol.1 (vol.1) (特品 (vol.1))

新品価格
¥4,512から
(2018/7/13 23:28時点)

べにぃ


クリック…どうか…おねがいいたします……。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング